TOEIC

英語は音読が大切と子どもに教えた過去を振り返りわが身を正す【TOEIC学習】

スポンサーリンク

こんにちは。まっさんです。

何年か前、自分の子どもに英語は「音読が大切」と熱く語ったのを思い出しました。

🆙中学の英語が苦手だった娘が完全克服。点数アップできた勉強方法とは?

自分で今読み返して、良いこと言ってるなぁと感心してます。

実際TOEICを勉強する今、自分ができていないことに気づきました。

今回は、ちょっと大人のTOIEC学習法について書きたいと思います。

 

同じ英語の勉強内容でも、子どもと大人ではやり方が少し違う

子どもと大人では、同じ勉強内容でもやり方が変わってきます。

なぜなら大人は子どもに比べて

  • 勉強する時間がそもそも少ない。(子どもは、学校+帰ってからも長時間勉強時間を確保できる)
  • 大人は子どもよりも体力がない
  • でも記憶力は子どもと変わらない

大人は記憶力はあるけど、体力と時間がないんです。

そこを理解したうえで勉強の戦略を立てないといけません。

音読+精読を取り入れた勉強方法と時間配分

中学生の英語とTOEICでは、語彙数も文法の数もけた違いに多くなります。先に紹介したブログの記事は、自分の子どもが中学生の時に教えていたもので、その内容で充分高得点が取れます。

でも大人の勉強方法は、ちょっと進化させて取り組みたいと思います。

精読を取り入れることにしました

勉強していて思うことは、リスニングもリーディングも全体的にふわっと理解している感じがしていました。

例えば、でる1000問や金のフレーズで覚えたパターンが出たときは、ズバッと答えられるようになりました。part5は、いいのですが、それ以降で問題が発生しました。

単語が分かっているので意味は何となく理解できますが、全体の文章の把握ができなくて困っていました。

そんな時に出会ったのが下のYoutuberさんが進める精読でした。

広島在住、TOEIC970と英検1級、通訳をお仕事としているすごい人ですが、動画の解説がとても丁寧でわかりやすくてお勧めです。

MOMIJIさんも言ってましたが、精読で一つ一つ調べつくしてからシャドーイングをすると英語の定着や理解力が格段に上がると言っていました。

どんなことでもそうですが、丁寧に取り組んだことは、日を追うごとに大きな力になるんだなと自信をもらいました。

他の動画も無駄のない解説で本当に見る価値のあるものです。

TOEIC勉強時間の配分みなおし

今日から11月テストに向けての勉強時間配分です。これを実践していきます。

朝、昨日勉強した英文、単語をチェック

午前休憩、でる1000問20問

昼休憩 金のフレーズ200問

午後休憩 単語300語

帰宅後 TOEICリスニングの文章を精読後、音読+シャドーイング、でる1000問20~30問 文法チェック

+α 今日一日の中で会話したことを英文に直す

これを頑張っていきます。

なのでこれを実践するために残業せず定時で帰る!

 

明日もよい一日を! Have a good day!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まっさん

高校生、中学生の子どもを持つ40代後半のパラレルワーカーです。ネット関連の仕事柄、ブログや広告の知識があります。ブログでは自分の経験をもとに高校、大学と続けたテニスやダイエット、禁煙に成功したこと、起業で経験したことなどを執筆。

-TOEIC
-,

© 2021 GOOD DAY