格安のコンタクトレンズ海外通販は怖くない!8年以上使い続けている海外のサイトは「日本国内の通販と全く同じ」感覚

数年前からコンタクトレンズを海外の通販サイトで購入しています

海外といってもすべて日本語なので国内の通販サイトと全く同じです。

海外サイトを利用するきっかけは、妹(アメリカ在住)が10年以上前に一時帰省したときの言葉です。

「コンタクトレンズを買うために毎回目の検査ってありえない。しかもコンタクトの値段もほぼ定価ってありえない。アメリカでは普通に安く売ってくれる」

と興奮気味に語っていました。

それを聞いた私は「なぜ熱く語るんだろう?海外生活が染み付いていると日本の生活はさぞ不便なんだろうな」と思ってました。

確かにコンタクトレンズにかかる出費は大きかったけど。それはそれで仕方ない出費だと思って我慢していました。

しかしネットの個人輸入代行の通販サイトを見かけてそれまでの考えが一変してしまいました。

 

安すぎるっ!
 
 

検査費用はかからないし、コンタクトレンズ自体も安い。

しかも日本、海外にかかわらずコンタクトレンズは処方箋がなくても買える物ということを初めて知って驚きました。

あと「日本で製造されているから値段は高い」と思っていたら、実はほとんどのメーカーは海外で製造されていました。

海外通販サイトを知ったおかげで、同じものを安く手に入れることができるとわかると考えが全く変わってきます。妹と同じ言葉を心の中で叫んでいた気がします。

日本の医療機関はいったいいくらボッタクッて・・・

 

ともかく個人輸入をするきっかけとなった海外ネット通販ですが当時の問題点は

とにかく納期が遅い。それと根拠は無いけどほんのちょっと怖い。

「きちんと商品が届くかな」

「詐欺に合わないかな」

など「本当に大丈夫かな?」という不安がありました。

初めて注文するときは、クレジットカードを使うのはちょっと怖かったのでコンビニ後払いで注文しました。無事に届いたことを確認できたので2回目以降はクレジットカードで購入しています。

あと郵便の追跡番号が発行されるので今どこに商品があるのか確認できたのは良かったのですが、とにかく届くまでが遅くて苦痛でした。

買ったものはすぐ欲しいと思う性格なので待つことは辛かったです。

また、遅い理由にもイライラが募りました。

遅い理由というのは、税関を通過する時間です。ひどいときには1週間以上かかるときもありました。

 

きちんと仕事してる?
  と思うほどです。

 

コンタクトレンズはシンガポールから発送され、発注から到着まで約2週間以上かかりました。

さすがに4年位使い続けると納期の遅さには慣れてきましたが、使い始めてから5年ほど過ぎたとき驚きの出来事がありました。


発注から到着までなんと
過去最短の5日に大幅短縮! 

 

いつも2週間後に届くと思っていたものが突然5日後に届いたときは本当にびっくりしました。

 

ちゃんとチェックしてる?
早けりゃ早いで心配になります。
 
 

サイトには8営業日で届くと書いてありますが、実際はもっと早い印象です。

しかし税関の通過スピードが格段に上がっているのは事実です。

 

今までは、

発送から成田まで(3日~4日)-税関(5日~7日)-郵便(2日)で2週間くらい

それが

発送から成田まで(2日)-税関(2日~3日)-郵便(1日)で最長1週間くらい

普通のネット通販と変わらないレベルになりました。

 

本当に便利になりましたね。

個人輸入といっても輸入するなんて感覚は全くありません。普通のネット通販と同じ感覚です。

国内サイトよりも値段が安いだけでなく、送料も無料なので海外通販のベストレンズ(旧abclends.com)というところをずっと使い続けています。

ベストレンズは個人輸入になるので消費税が一切かかりません。だからどの商品も国内サイトと同等かそれより安くなります。

国内サイトの安いところを使ったことはありますが、キャンペーン期間の料金だったりするので今は使っていません。もう8年以上ここばかり利用しています。

 

あと、一番初めの購入はBC/DIAとかPWRとコンタクトレンズの度数(箱に書いてある)を入力するのですが、2回目以降は調べなくても購入履歴で買えるので楽チンです。

購入履歴確認したらもう8年も使っていました。3~4か月分ずつ購入してました。

今使っているコンタクトレンズをベストレンズで検索して安いと思ったら乗り換えないと損です。なぜなら他社よりも安い価格設定というのは、そう簡単に覆ることがないからです。

日本全国どこでも送料無料!【ベストレンズ】

 

 

格安コンタクトレンズをベストレンズ(旧abclends.com)で購入する手順を最初から最後まで公開