アクセスアップを目指してサイト改善。内容の薄いページを整理。

2年前に作ったブログで放置していたブログを再生させようとする試みです。

なぜそういう風に思ったかというと

googleがコンテンツを重視したアップデートを行ったからです。

 

googleウェブマスター向け公式ブログより:日本語検索の品質向上にむけて

 

日本独自のアップデートで、主にキュレーション対策ともいわれていますが、昨日より普通のサイト(ホワイトサイト)も順位低下になっています。

 

そこでこれはチャンスだと考えました

今まで、

ただ単に被リンクをぶっこんだサイト

アフィリのためにどうでもよい記事があるサイト

きちんとgoogleに評価されて順位が低下しているからです。

 

それに加えて昨年からペンギンアップデートによってアフィリサイトが壊滅的なペナルティを受けています。

googleによると

ペンギンのようなアップデートはリアルタイムに組み込まれた by google

本当にブログやサイトとちゃんと向き合わないとこの業界で生きていけない気がしてきました。

 

自分のサイトはどうなのか?

今現時点では確実に葬り去られそうなサイトになっています(笑)

「誤字脱字は多い」「読みづらい」そういう記事が半数以上もあります。

これでは評価が下がっても仕方ありません。

今回はそういうサイトを本気で品質改善をしてアクセス増加を狙ってみようと思います。

 

現状の状態を考察

ブログのジャンル 金融

デイリーオーガニックアクセス 50セッション

ページ数150ページ

1000文字以下のページ70%

600文字以下のページ 30%

記事の更新 昨年5ページ 今年1ページ

収益 5千円~1万円/1か月

 

改善方法

いたってシンプルな改善方法です。

  • 500文字以下のページで同じような内容をまとめて3000文字以上に仕上げる
  • 1つの記事に対して現在カテゴリを複数設定しているのでカテゴリの構成を1記事1カテゴリにする
  • タグのキーワードに統一感を持たせる
  • 見出しを正確につける
  • 特化型サイトはSEO対策済みのhtmlテンプレートに切り替える

どれも当たり前のことばかりのですが、最初のころに作ったサイトなので結構雑なつくりになっています。

誤字脱字も多いし、文脈もきちんとしていないものも多くみられました。

150記事の半分はそういう記事なので、いっそのことリライトしたほうが早い気もします。

とりあえずの目標はデイリーオーガニック100セッション!です。

 

目標達成するに当たって自分を戒める必要がある

やり始めるとどうしても毎日の順位とかアクセス数の増減で感情を揺さぶられてしまいます。

目標に向かってモチベーションを維持するために以下のことを実践します

  • googleの順位には一喜一憂しない
  • analyticsは1日1回
  • twitterを見るのはお昼休みと仕事終わりだけ
  • ASPの管理画面は朝と晩の2回だけ

これを紙に書いて実践しようと思います。

ブログで内容が薄い場合の改善策は?

最近のブログでは文章の質が大切になりました。内容が薄いと簡単に順位低下してしまいます。

私は少しでも内容の濃い文章を書く為に以下のことを実践しています。

文章のページタイトルを決める。

h2、h3見出しを記述する。

見出しに沿って文章を書く。

以上3点です。

大切なことは見出しの文章にキーワードを含むことです。

見出しのつけ方や文章の書き方がうまくなる方法

最初からうまく書ける人はいません。かといって、何も考えずガムシャラに書いても成長しません。

私はほかの人のブログを写経して練習しました。

関連記事【フリーランス】ライティングのお仕事と文章のレベルを簡単に上げる方法

【フリーランス】ライティングのお仕事と文章のレベルを簡単に上げる方法
リーランサーの仕事の一つにライティングがあり、とても人気があります。 簡単に始められますが、思うように進まずにあきらめる人も多いです。 安定的にクオリティの高い文章を書き続けることが大変だからです。逆にそれができれば安定した収入につなが...

 

他にも文章を完成させる為に欠かせない写真は、photo-acを私は多用しています。

関連記事無料写真Photo-ac.comの有料版はブロガー寄りの優しいサービスだった!

無料写真Photo-ac.comの有料版はブロガー寄りの優しいサービスだった!
無料写真で検索すると1位か2位に表示される無料写真素材サイト「Photo-ac」。 膨大な写真データで無料写真の地位を築き上げました。 しかし、昨年から徐々に有料化を進めていって今はもうほとんど有料サイトといっても過言ではありません。 ...

 

 

コメント