年末のお餅つき

スポンサーリンク

昨日はお餅つき。年末にお鏡さん用のお餅と食べるためのお餅を毎回妻の両親についてもらいます。

 

蒸したてのもち米を投入。熱そう・・
いきなり全力でつくと、もち米が飛び散ってしまうので
最初はコンコンとやさしくもち米を潰していきます。
最初はお父さんから。毎年気合入ってます。

子供たちも大きくなりお手伝いが出来るようにる姿を見ると少しずつ大人になっていくんだなと実感します。あっ。これは親戚の子供ですが。

熱いのを我慢してがんばってます!
およそ5分くらいでおいしそうなお餅ができあがり!
子供用にきな粉、アンコ
大人用に大根おろし、山芋
大根は畑で採れたてのものですごく甘みがあり、醤油、ねぎ、ゴマで和えたものです。
もちろんネギも畑で取れたもの。

最近は野菜が高いみたいですね。採れたての野菜をつきたてのお餅で食べることが出来るのは田舎ならではの贅沢です。おいしすぎて箸がとまりません。

自分の子供たちはまだ小さく、今は食べるのが専門ですが、あと2~3年でお手伝いをする姿を見られるのかと思うと楽しみでもあるような、これだけ大きくなるかと思うと少し怖いような・・

今年も残すところあと12時間ほど。子供の成長と共に親が成長させられた1年でした。
来年もいろんな経験をして今よりももっと楽しい年になりますように。

スポンサーリンク