子供たちが買ったラジコンを見て昔を思い出す

先日子供たちが自分のお小遣いでラジコンを買いました

一人がラジコンが言いといいたらもう一人も「わたしも欲しくなってきた」とか言い出し結局2人が色違いで同じものを。

1台2000円くらいでしたが出来合いのおもちゃにしては中々いいかんじです。

 
 
 
コントローラーを並べるとこんな感じです。
 

周波数チャンネルが5チャンネル変更可能で、車本体には前輪のタイヤの傾きを調整するツマミ。

電源スイッチを入れるとライトオン!
このライトは、左右に曲がるときは勝手にウィンカーみたいに点滅します。
 

 

2台並べるとこんな感じ
猫は全く興味なしのご様子です。

自分が小学校時代に遊んだTAMIYAのラジコンを思い出しました。
アラフォーの人ならわかる人も多いはず。

私は持っていなかったけどHotShotとか、あとタイレル?だっけ6輪のF1マシンのラジコンとかをチューニングして道路で走らせていた。

 

 

 

21000円って高っ! 私はバギーではなくF1でしたがそれでもお年玉をかき集めて買った記憶があります。近所にはエンジン付のバギーを持っている人もいたかな。
やっぱり好景気って感じの商品ですね。

当時は学校でこんなラジコンが流行ってた気がする。さすがにヘリコプターはいなかったけど、チューニングもシャーシー、モーターからバッテリーからサスペンションからとにかく速さと頑丈さを追求してた感じです。

そんなこんなで探していると
ありました。ネットって便利。

うわぁ懐かしい! このマンマのモーターだった
 
ブラックモーターとかやばいです。 昔の思い出がフラッシュバックしてきます。
 
 

詳しくは「RCT」http://www.rct.jp/
モーターのページ http://www.rct.jp/contents/lab/motor/xtra/history-mod.html

子供の遊びはこれだけ時代が変わった今でも基本は昔とおんなじなんですね。
今日子供たちはラジコンで、「家の廊下グランプリ」を開催するそうです。
こういうとき双子って便利だなって思います。

スポンサーリンク