iphoneとipodtouchを小学生の子供に与えるのは親の都合

今子供は3人います。

小学校6年 iphone5c

小学校3年 ipodtouch 第5世代

もう一人3年 ipad2

すっかりappleに染まった家族になりました

そもそもなんで買ったのかというと、もう半年前から上の子はスマホ買ってくれとせがまれていまして丁度先日

こんなキャンペーンを見つけてしまいました。

妻のiphone5よりも安いじゃないかぁ~~!

10月31日までのキャンペーンはキャッシュバックで1万円!!!もらえるので在庫確認して速攻で突撃しました。

正直驚きました。

iphone5c 本体0円

学割 2年間 980円が無料

学割パケット代 3年間 1050円分が割引

3ヶ月だけオプションに1500円分は入らないといけないですがそれでも月額5100円

 

3ヵ月後はオプションを1000円分解約するので 4100円。

AUからMNPですが、ガラケーのときより600円高くなるだけで済みます。

すごいじゃないか ソフトバンク!

 

というよりも
大丈夫かソフトバンク!?

ここまで投売りするとは驚きでした。

やっぱりdocomoのiphone販売が供給過多を招いたんだと思います。

そのおかげで私は得をしたわけですが・・

これで上の子の携帯は無事スマホに切り替わり今度は下の子です。

 

すでにipadは持っていたのですが、買った当初から弟がほぼ独占。ノートパソコンの調子が悪かったから買ったのに・・・

兄が使おうもんなら蹴飛ばして奪い返して独り占め。遠慮がちな兄はしかたなく妻の携帯を借りて使っていましたが、だんだんストレスがたまってきたようで

「なんでわたしだけ借りなくちゃいけないんだ・・」と宿題をやりながら大泣きしてしまいました。

気持ちはわかりますが兄弟ってメ・ン・ド・ク・サ・イ!

 

そういいながらも、かわいい子供のために買ってしまいました。ipodtouch第5世代。

結局3人、いや家族全員がスマホというかappleモバイル端末ユーザー。

子供に与えたのは理由があって

そもそもipadが3ヶ月前に家にやってきてから気づいたのですが

全く

3dsとか
 

 

Wii

をやらなくなりました。

というか全く見向きもしなくなりました。これって家計的にはすごく助かるんです。

3ヶ月に1本買ったとしても年間5000円×3人×4回 = 60000円 かかります。

これがなくなります。この理由が一番大きい。

あとはスマホならでは理由ですが

 

有料のアプリは公開した直後はほとんどが無料で手に入る

 

アップルストアの特性ですが、ゲーム開発会社は無料でたくさんダウンロードさせてから有料に切り替えます。

何故そんなことをするかというと有料のトップセールスに名前を載せるためです。

トップセールスのダウンロード数に無料のダウンロードも含まれるためゲームアプリ会社が公開当初は無料のキャンペーンを打ってきます。

いきなり有料で公開してもダウンロードされません。人気のあるゲームは有料にしたらさらにダウンロードが増えます。

なので

新着を常にチェックするとほとんど無料でゲームができます。

さらに最近のゲームは課金まで行かなくても十分楽しめるので子供もアプリを買って欲しいとか言いません。買ってといわれても100円から500円位が相場なので痛くもかゆくもありません。

もちろん使い方の教育はしていますよ。使う時間とか約束とか。

私のブログを見て子供にモバイルを与えようと思った方は是非アップルのiphoneかipodtouchかipadにしてください。

これはマジなお願いですが理由もきちんとあります。

appleとandroidではアプリの公開に大きな違いがあるからです。

 

android・・・ とにかく審査なし(とてもゆるい審査)でどんどんアプリを掲載させて問題があったら削除する

apple・・・ 最初にとても厳しい審査があってそれに通った後でも公序良俗に反しているとわかったら問答無用で削除する。

 

androidを持っている親ならわかると思いますが、子供に持たせようとはとても思えない悪影響のあるアプリが無数に目にとまります。

アプリに大変厳しい目を持っているAppleなら子供に持たせても大丈夫かなと思います。

今安く手に入れるならY!mobileがお勧め

1980円で2台目以降500円引きでiphone5sが持てます。本当に安くなりました。

softbankがY!mobileにブランドを付け替えているようなイメージです。なので通信品質はsoftbankと全く同じです。

関連記事