商売には夢よりも希望が大切

長年商売をやっていると、どんなに稼いでいても不安に駆られることがよくありました。

当然夢に向かってがんばっているのですが、結果を出してもなぜか不安が拭えません。

 

そういった経験ないですか?

 

わたしの場合、「近い将来に必ず成長する」とか、「安定して稼ぐ市場がある」という希望が見えないときに不安な心が現れることがわかりました。

それがわかってからは、希望を見つけるように努力しました。

そうすることで不安はどんどん薄まって心が安定するようになりました。

希望を見つけるというのは、自分が「仕事をしたい!」「楽しい!」と思える将来性のある市場を見つけること

 

市場は自分で作ればいいという無責任なことを言うコンサルタントもいました。

でも市場は作るのではなく見つけるものだと思います。

 

絶対無くならないというものは存在しないが

少なくとも向こう10年は稼げる市場というのがわかると心が安定します。

自分が楽しいと思える市場があるということは、いろんな発想でその市場に関わりさえすれば稼ぐことができるからです。楽しいとアイデアもどんどん浮かんできます。

 

どのくらい稼げるなんてことは考えないほうがいい

わたしのような貧弱な脳でどのくらい稼げるなんて量を測ることはやめました。

そういう思考は壁にぶち当たったときの突破力が弱く、また再び不安に陥るだけ。

世の中には同じ分野で数億、数十億稼いでいる人がたくさんいます。

その人たちは、いきなり稼いだのではなく市場と対話しながら良い商品を提供し続けた結果だということ。

日々の対話の努力を積み重ねれば自分もその売り上げに近づくことができると思ったほうが未来は明るいし実際そのようになっていく。

法とモラルを守れば何をしても大丈夫な世の中。稼ぐ方法と場所は無限にある。

 

小さな会社の社長へ贈る「超おせっかいな77個のメッセージ」

起業したての会社は利益率を高めるよりも売上高を増やすことに専念する

スポンサーリンク