先週の潮干狩りに続いて今回はマテ貝を取りに行きました

マテ貝ってしってましたか?

恥ずかしながら私は大人になってから知りました。

はじめてみた時は貝じゃないと思っていたほどです。子どもたちと妻の両親と一緒に先日マテ貝採りに行きましたが、やってみると結構というか凄く面白い。

マテ貝のとり方はとても簡単

マテ貝のいる穴を見つけたら塩を少々降り掛けます。

 

待つこと数秒。するとニョキっと顔をだしてきます。

 

 

いまだ捕まえろ!!

 

 
結構戻ろうとする力が強いけど取れた!面白い!
 
 
 
 
やったー!こっちも捕まえたよ!
 
 
 

子どもたちは大喜びです。普通の貝と比べると見た目がイマイチですが、子どもにとってはアサリよりもマテ貝のほうが数百倍楽しいと言ってます。

土曜日に行って、病み付きになり日曜日も連日マテ貝とリに行くことになりました。

取ってきたマテ貝は普通に酒蒸しにして食べるのですが、見た目のグロさから妻が少しイヤイヤ調理。

でも一度作ってしまえば後は慣れるみたいで、2日目は普通に作っていました。

出来上がりはこんな感じです。

初めて見たときは、なんとも食欲をそそらないとゲンナリしましたが、食べてみると凄くおいしい。

味と見た目のギャップはありますが、食べる価値ありです。

アサリは中々取れないときはマテ貝をとりに行くのもありだと思います。

関連の記事

 

 

スポンサーリンク